身体と心のケアをする理学療法士になるには専門学校へ通おう

女の人

人のために役立ちたいなら

婦人

身体や心のケアも

高齢者釈社会の影響もあり、最近は介護や福祉、医療現場で働くことを目的に大学や専門学校へ進学する人も増えています。特に理学療法士を目指す学生が多く、医療関係の専門学校は特に人気が高まりつつあるようです。理学療法士の主な仕事は、加齢や事故、生涯などにより運動機能が低下している方のリハビリやサポートをするものです。身体の機能が低下している方へ運動や電気刺激、マッサージなどを行うことで回復を促していきます。理学療法士は常に患者さんに寄り添い、患者さんの身体だけでなく心のケアも同時に行う必要があります。しかし患者さんが元気を取り戻し、身体の機能が回復していく喜びを共に感じることができるやりがいがある仕事であることには違いありません。

ニーズが高まっています

理学療法士になるためには、大学や短大または専門学校で3年以上学ばなければなりません。卒業と同時に理学療法士になるために国家試験を受ける資格を与えられます。ですから専門学校などで学ばなければ理学療法士になることができないのです。最近は病院や老人福祉施設、障がい者福祉施設などで理学療法士として働く方が増えています。社会復帰のために必要とされる仕事ですのでさまざまな福祉、医療現場でのニーズが高まっています。また、高齢者や障がい者だけでなくスポーツの分野でも理学療法士の活躍する割合が増えてきています。スポーツ治療でも理学療法が用いられるようになってきているのが大きな要因と言えるでしょう。理学療法士は人のために役立ちたいという方にぴったりの職業です。

人に役立つ仕事

女性

主に福祉の分野で人を助ける人をソーシャルワーカーと呼びます。中でも専門性を保証する国家資格として社会福祉士があります。この資格を取得するには専門学校や大学に通う必要がありますが、ルートは多様であり通信教育を利用すればコストを抑えられます。需要が高まりつつある専門職です。

未来の選択肢

ナース

看護師を目指す道には4年制の大学と2、3年制の専門学校がある。専門学校には正看の資格を取得できる学校と、准看の資格を取得できる学校がある。准看護師の資格を取得後は正看護師の資格を取得すべくさらに上の専門学校へ通う人もいる。

男女

医療の進歩と学習方法

診療放射線技師の資格を習得するための教育方法として、大学あれば進歩した医療に対応する知識や技術を学べます。なかでもMRIやCTなどを扱うために必要となる知識や技術は膨大なので、長い学習時間を確保できる大学は理に適っていて人気が高くなっています。