身体と心のケアをする理学療法士になるには専門学校へ通おう

レディ

未来の選択肢

ナース

様々な職種において、その分野に特化した専門学校がある。看護師になるためにももちろん専門学校があり、それが看護専門学校である。看護専門学校とは、前述した通り看護師としての免許を取得するための学校であり、また看護師として働くための基礎知識または技術を学ぶことを目的としたものである。専門学校の種類として、3年制の学校と2年制の学校に別れることが多い。一番の特徴としては年数だが、もう少し詳しく説明すれば正看護師と准看護師の違いがある。また、専門学校と大学でもまた年数や取得できる資格に違いがある。一般的には専門学校にて准看護師の資格を取得後、正看護師の資格を取得すべくさらに約3年位かけて専門学校に通う人もいる。

専門学校に入学後学ぶこととして、もちろん看護師としての専門知識は重点的に学ぶがそれ以外にも技術や考え方、接し方と一通り学ぶことになる。入学した直後から基礎知識を学び、同時にそれぞれの科目、内科や外科などについて学ぶ。技術も同様にして、体位変換や洗髪、清拭、注射等を学ぶ。そして何より大切なことが、患者体験である。施術者として、いつでも患者がどのように感じどのような苦痛を持っているのかを知っておくことが大切である。この事をまず念頭におき、施術すべきであると教えられる。少し変わった内容で言えば、修学旅行がある学校もある。医療の現場では常にチームワークが求められており、さながらそれがすべてであるところもある。一泊でも生活を共にすることでチームワークの大切さを学べるようになっているのだ。様々な専門学校があるから、一度オープンキャンパスにでも足を運ぶといい。