身体と心のケアをする理学療法士になるには専門学校へ通おう

レディ

人に役立つ仕事

女性

困っている人を助けたい。誰でもそう思っています。金銭的に困っている人、社会から疎外されて孤独に苦しんでいる人。ソーシャルワーカーは、こういう人達に福祉などの観点から相談にのりアドバイスをするお仕事です。そして、そういった人の相談にのること自体は誰でもできます。ただし社会福祉士などの資格を持つ者としてとなると注意が必要です。困っている人を助けようにも、そのための情報が誤っていたり働きかけが不適切だったりしては、その人の為になりませんよね。そうならないよう、日本ではソーシャルワーカーの仕事を専門的な知識や技能をもって取り組める人に社会福祉士という国家資格が与えられています。業務そのものは無資格でもできますが、社会福祉士と名乗るのことができるのは資格のある人だけです。これを認識していないと、法に触れる恐れがあります。ソーシャルワーカーを目指す人は、こういった制度についてもきちんと押さえておきましょう。

国家資格、という言葉に尻込みする人もいるかもしれません。けれども大丈夫です。ソーシャルワーカーとして働きたい、そんな思いを後押しするように多様なルートがあります。専門学校でも取得可能です。ただ、将来、必要となる内容が高度化したり、他の専門職と連携したりということを考えると、できれば大学から目指したいものです。これも、通信制の大学であれば通学や費用の負担は抑えることができます。高齢化や人権意識の高まりなど、日本社会全体が福祉関連職を求めています。一方で、福祉制度もそれを受ける側の人々のライフスタイルも多様化しています。このような中で、ソーシャルワーカーしての知識や技術の専門性が保証されている人に対する需要は高まる一方です。現在は名称独占資格ですが、業務が複雑・高度化する中では、相談する個人もちゃんと専門的知識のある人に相談したいし、福祉・医療機関も専門職を雇用したいでしょう。その資格を持つ人しか業務ができない資格を業務独占資格と言いますが(医師・弁護士など)、社会福祉士も事実上そのような位置づけに近づいているとも言えます。人を助けるプロが必要とされている社会なのです。